元B層おばさんのアンテナ

ミニマリスト系アラフィフ心理カウンセラーの日々のつぶやき

テスト終了❸

娘のテストが終了し、苦手だった数学をわたくしも娘も

少しずつ克服してきているのを感じていますw

 

 

わたくしが娘のために数学を予習していること。

このことが、自分の娘だけでなく、相談に来る中学生にも影響が出てきているのも

実感します。

 

 

学校の先生は、「教科書通りの解き方」以外は教えてくれません。

やり方や答えがあっていても、教科書以外のやり方で解くと丸をくれません。

 

 

これは他の教科でも言えることです。

 

 

息子は帰国子女です。

教科書以外の英単語を使うとバツになるという経験をしています。

 

意味があっていても、です。

 

 

このことには親子で大いに疑問を感じています。

どうして丸がもらえないのか、教科担任に聞きに行ったこともある息子に

帰国子女の友達は、「テスト前にちゃんと教科書を見直して、上手くやるしかないよ」と

アドバイスしてくれたそうですが、やっぱりちょっとおかしいと思います。

 

 

学校にもよりますが、中学生になると答えだけを解答欄に書く形式のテストが増えてきます。

小学生までは解き方も見られていましたが、中学校は回答だけ。

そうなると、答えがあっていればいいわけです。

 

 

英語表現は回答が教科書どおりの単語を使っていないと丸がもらえないけれど、

数学に関しては答えがひとつしかないので、これはメリット。

 

 

ですので、勉強ができなくて親とトラブルになるという相談者とは、

あれこれ話しているよりも、とにかく分かりやすく数学の問題を説明していると、

相談に来てくれる回数も増え、わたくしの信頼も上がり、なおかつ相談者の成績も上がるという、

なんとも嬉しい結果に繋がってきています。

 

 

神様はスゴイ。本当にすごい。

こんなわたくしでも、このような形で社会に貢献させて下さっている。

 

 

成績が良い子でも、少し順位が下がるだけで、親が虐待してくるなんてケースもあります。

そういう子は大抵数学のセンスがあって、とても飲み込みが早いので

教え甲斐もありますw

 

 

わたくしは教師ではないので、高校の内容を教えることがあってもOK。

数学を教えてくれるカウンセラーなんていないぞっw

 

 

塾によっては中学生のうちに平方完成を教える教室もあるし、

わたくしも娘が因数分解で詰まった時に、高校で習う「たすき掛け」を教えていました。

それで数学が苦手な娘でも因数分解が難なく解けるようになりましたし、

平方完成も解の公式の代わりに使えば良いと少し早くに教えてしまいました。

 

 

公式を忘れたらアウトなんて、ナンセンスですよ。

何通りかのやり方があるなら、教えてあげればいいと思います。

それがやりにくくて使わないなら、それもいいでしょう。本人の自由です。

教える側が「難しいやり方」と決めつける必要はないんじゃないかなと。

 

 

おまけに、わたくしが娘のために必死に数学をやっているという姿は

相談に来る中学生達にも好印象のようです。

 

先日、こう言われました。

 

 

「こういう努力を娘のためにするって、本当にすごい、、、

  自分の母親はご飯も作ってくれないし、勉強なんて教えてくれない。

  だけど、自分も母親になったら、こういう風にやってあげたいと本心から思うし、

  無理じゃないんだって先生を見て感じたよ。

 塾に入れてくれることが愛情だと思っていたけど、そうじゃないんだね。」

 

 

と。

 

 

今時の子は、自分のためにお金を使ってくれることが愛情だと思うんですね。

これもショックでした。

(ですが、お母さんがご飯を作ってくれないこともショックでした。)

 

 

こういうことをしていると、いろいろとショックなことを毎日のように見聞きします。

 

 

それでも、わたくしが中学や高校の勉強することで、こうやって救われる子が何人もいるのだと思うと、さらにやる気がっw

 

 

神様はちゃんと見ていて下さって、困った人のアシストが出来るように

わたくしを配置しているのだと実感します。

 

 

手を抜かないよう、頑張らねばw

まさかの数学ですけどね、まだやらなくちゃですよ。

ライフワークになりそう、、、

学校の教科書とは別の、、、裏数学w

 

 

どっちが裏なのか分かりませんけどね、教科書って分かりにくい場合が多いのでw

 

 

まあ、とにかく今日も数学やりますよ。

因数分解、中学生にも分かりやすいように、研究します。

 

 

お読み頂きありがとうございました。